ドクター

日本で恐れられている病気を克服|がんが転移する前に治療しよう

日本人の多くが陥る病気

看護師

心筋梗塞は日本人の死因の上位にあり、心臓周辺の血管が詰まることからとても恐ろしい病気です。原因は動脈硬化による血栓ができてしまうことですが、高齢化の影響も大きいです。この血液がドロドロした状態になってしまう動脈硬化は、生活習慣によって引き起こされてしまいます。脂っこい食事や運動不足などが続くと、動脈硬化のリスクが高まってしまうためです。このため、欧米化の食生活が身に付いてきた日本では、心筋梗塞になってしまう人が増加しています。これは突然症状が出てしまうことも多いので、その場合は早急な治療が必要です。そして、心筋梗塞のリスクは長生きするほど高くもなるので、高齢化社会では避けることは難しいです。心筋梗塞の予備軍となる人はかなりの数になると予想されているので、その対処法についての知識を備えておかなければいけません。また、日本では心筋梗塞以外も危険な病気が存在します。それががんです。がんは放っておくと別の場所にまで転移が広がってしまい、手遅れになると手術もできなくなってしまう厄介なものです。そのため、死亡率も心筋梗塞と同様で常に上位となっています。がんの症状にも様々なものがありますが、その症状が現れたらすぐに病院へ行って検査をするようにしましょう。早めに検査を行ない治療することでがんの転移が防げます。

がんのリスクを抑えていくには、バランスのいい食生活を心掛けていくことです。なるべく洋食を控えて和食を中心にしたり、たんぱく質は魚介類や植物性のものを積極的に取るようにするのもいいでしょう。そうやって食事内容を見直していくだけでも、血液をサラサラにしていくことができます。他にも、定期的な運動もそのリスクを下げてくれる効果があります。その分カロリーを消費してくれるので、気分的にもスッキリとして血液の流れを良くしてくれます。忙しい現代人には、悪い生活習慣が染み付いているので、いつがんになってもおかしくない状態の人もたくさんいます。これに加えて、健康診断も受ける機会が減り、発見した時にはがんが転移している事もおおいのです。普段から健康的な体作りに気を付ければ、いくらかがんが転移するリスクを避けることができるでしょう。

虚血性心疾患の病態

カウンセリング

虚血性心疾患の中で代表的なものは、冠動脈疾患です。心臓のエネルギーを供給する冠動脈の障害により、死亡や慢性心不全となることがあります。特に心筋梗塞は予後不良でありますが、カテーテル治療により格段に致死率を下げることができます。しかし、治療後も重症な合併症があるため、予断を許さないため注意が必要です。

もっと読む

アレルギーにも効果がある

病院

免疫療法とは、アレルゲンを反復注射することによって、アレルゲンに反応しない状態にすることを言います。喘息やアレルギー性鼻炎などの疾患を患っている人が、免疫療法を行います。

もっと読む

最新のカテーテル治療

医者

狭心症や心筋梗塞の治療にはカテーテル治療が主流であり、最初の風船療法が後に薬剤溶出性ステントに生まれ変わりました。次の世代として生体吸収型ステントが生まれ、現在その効果を調査する治験を行っております。

もっと読む